八幡宮 兼 お寺

大階段から舞殿方向を見おろしたところです。舞殿の周りがいやにスカスカな気がしませんか?
CA3G0028

江戸期までは鶴岡八幡宮は神仏習合によりお寺でもありました。舞殿の周囲にも多宝大塔などの寺院建築が建っていました。

しかし明治になって神仏分離令が発せられ八幡宮内の寺社建築は破棄されてしまったのです。同時に廃仏毀釈運動で鎌倉市内の多くの寺院や仏像も破壊されてしまいました。明治政府は非常にもったいないことをしたと思います。

源平池

太鼓橋を渡ると左右に源平池があります。

本殿に向かって右は源氏の池。小島が三(産)ある縁起の良い池です。池の中にある旗上弁才天社には橋で渡れます。
CA3G0036

向かって左は平氏の池。小島を四(死)造って平氏を呪っています。こちらにも小島があって橋で渡れますが、神社はありません。神奈川県立近代美術館のテラスや喫茶室からも素敵な眺めが楽しめます。
CA3G0035

2013年2月頃に池の底をさらったのでだいぶきれいになったと思います。でも、手は入れないほうがいいかも…
CA3G0037

鶴岡八幡宮

鎌倉武士の守護神。武門の神様ですから太平洋戦争のときに参拝していく人も多かったようです。詳しくは以下;
鶴岡八幡宮 – Wikipedia

それから境内の地図は以下にあります。フレームが使われています。八幡宮全体のトップページにはFlashが使われているみたいなのでiOSユーザーには見られないかも…
http://www.hachimangu.or.jp/about/guidance/index.html

鳩がいっぱいいます。本殿の額も「八」の文字に鳩がいます。
CA3G0027

段葛(だんかずら)

若宮大路にある一段高い歩道部分。歴史的な話は以下を参照;

段葛 – Wikipedia

桜とツツジが植えられているので、春はとてもきれいです。桜が満開の頃にはピンク色のトンネルのようです。夏も桜の葉が日差しをやわらげてくれる上、土が照り返しを抑えるので意外と涼しいです。

『ビブリア古書堂の事件手帖』第4巻のクライマックスで栞子さんと母親の智恵子さんが対決するのもここでした(TV版では円覚寺の境内が使われたようです)。

豊島屋

鳩サブレで有名です。卵とか小麦粉とかにアレルギーがある方以外にはこれをお土産にしておけば問題ないみたいです。老若男女に好まれるので持っていく相手を選びません。あまり遠くに支店を出していないので、箱根の山の向こうにいる友だちに贈ったら貴重品扱いされて喜ばれたことがありました。

さらに、きざはしも美味しいです。苔むして磨り減った鎌倉石の階段を模したお菓子です。杉本寺や瑞泉寺に行くとこのお菓子を思い出します。

いろんなお菓子はこちら