鎌倉の大仏

「鎌倉の大仏」とか「長谷の大仏」と呼ばれていますが、正式には高徳院というお寺にある阿弥陀如来像です。Googleマップがドラクエ風になったときも鎌倉の地に表示されていた鎌倉のシンボルのような仏像です。
高徳院 – Wikipedia

大仏殿が無いので露座の大仏とも呼ばれていますが、元々はちゃんと大仏殿がありました。現在大仏の周囲にある座るのにちょうどいい大きな円形の石は大仏殿の柱が載っていた場所です。風雨にさらされてほとんど剥げ落ちてしまいましたが、ちゃんと金箔も貼られていました。今でも右ほほの辺りにかすかに残っています。

大仏の中にも入ることができます。一度に入れる人数が制限されているので、混雑している日は待ち時間を多めに見積もる必要があります。また、マンガ『鎌倉ものがたり』ではトリックに使われていました。

『鞍馬天狗』で有名な大仏(おさらぎ)次郎氏はこのお寺の近所に住んでいたのでペンネームに「大仏」を使いました。ちなみに『鎌倉ものがたり』に出てくる鎌倉警察署署長は大仏(だいぶつ)次郎さんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中