八幡宮 兼 お寺

大階段から舞殿方向を見おろしたところです。舞殿の周りがいやにスカスカな気がしませんか?
CA3G0028

江戸期までは鶴岡八幡宮は神仏習合によりお寺でもありました。舞殿の周囲にも多宝大塔などの寺院建築が建っていました。

しかし明治になって神仏分離令が発せられ八幡宮内の寺社建築は破棄されてしまったのです。同時に廃仏毀釈運動で鎌倉市内の多くの寺院や仏像も破壊されてしまいました。明治政府は非常にもったいないことをしたと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中